ゴルゴ13:第106話『行方不明のH氏』のみどころ

ゴルゴ13 各話みどころ

ゴルゴ13:第107話『行方不明のH氏』のみどころ

簡単なあらすじ

SPコミックス第29巻収録。労働組合の委員長として辣腕をふるっていたホッファは、汚職事件で懲役13年間投獄された。出所後、後任委員長のフィッツシモンズとの確執により、殺害されたとされていたホッファが突如姿を現す。これはKGBの陰謀でニセのホッファが作り出され、汚職事件の暗部を洗いざらい証言させる罠だった……。

スポンサーリンク



初期作品では米国寄りだったゴルゴ

“東西冷戦”と呼ばれる時代がある。人によって定義は異なるが、第二次世界大戦後の1945年からソビエトが崩壊した1990年くらいまでを指している。

『ゴルゴ13』の連載が始まったのは1968年の冷戦真っ只中。フリーのスナイパーであるゴルゴがアメリカなどを始めとした西側陣営に属しているわけではないものの、連載当初はアメリカから依頼を受けてソビエトが敵となる作品が多い。

本作でゴルゴのターゲットとなるのは全米トラック労働組合の元委員長ジェームス・ホッファ。つまりタイトルにある“H氏”だ。しかしながら登場するホッファはKGBが作り上げた偽物のため、ここでゴルゴ対KGBの構図が明らかになる。

ゴル子
vsコワルスキー大佐。対決モノがお好きな方には堪りませんね。

死体が判別できないかたちで……

直接の依頼者であるCIAから「死体が判別できないかたちで、始末してほしい」と依頼されたゴルゴは、実に大胆な方法で狙撃し遺体を始末してしまう。

行動開始から遺体の処分までの一連の流れを振り返ると、ゴルゴの追撃から逃げつついろいろと備えていたKGBですらゴルゴの手の内で泳がされていた感すらある。もしもターゲットの偽ホッファが街中でジッとしたままだったら、ゴルゴはどんな手段で“死体が判別できないかたち”の依頼を完遂できただろうか。

ゴルゴとKGBの関係。じつは……

本作でちょっと気になるのがKGBの一員である大尉の言葉だ。ゴルゴについて部下に語った中で、「わがKGBでも彼を何度となく使ったことがある」と言っている。

彼がゴルゴなのは言うまでもないが、冒頭に書いた通りどちらかというとアメリカ側に立つ作品が多いゴルゴ。大尉の言葉が正しいとすれば、まだ明かされていない過去の事件があるに違いない。それを知っているのは神とさいとうたかを先生だけなのだろう。

ルッチ
依頼者が裏切るパターンで裏切り率No.1なのが、じつはKGB。過去にも煮え湯を飲まされていたのかも知れませんね。

この作品が読める書籍はこちら

The following two tabs change content below.

研 修治

漫画をはじめ金融、経済、エンタメ、飲食分野を得意とする専業ライター。紙媒体、WEB媒体問わず幅広く活躍中。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルゴ13:第428話『感謝の印』のみどころゴルゴ13:増刊第54話『感謝の印』のみどころ前のページ

ゴルゴ13:増刊第50話『13階段の狙撃』のみどころ次のページゴルゴ13:第405話『13階段の狙撃』のみどころ

関連記事

  1. ゴルゴ13:第599話『ACT-X』のみどころ

    ゴルゴ13 各話みどころ

    ゴルゴ13:第503話『ACT-X』のみどころ

    簡単なあらすじSPコミックス第184巻収録。人体の反応速度を高…

  2. ゴルゴ13・第423話:激突!AK-100 vs M-16

    ゴルゴ13 各話みどころ

    ゴルゴ13:第423話『激突!AK-100 vs M-16』のみどころ

    簡単なあらすじSPコミックス第149巻収録。ロシア兵器開発局の…

  3. ゴルゴ13:第377話『スナイパーストリート』のみどころ

    ゴルゴ13 各話みどころ

    ゴルゴ13:増刊第38話『スナイパーストリート』のみどころ

    簡単なあらすじSPコミックス第112巻収録。泥沼化するボスニア…

  4. ゴルゴ13:第525話『顔のない男』のみどころ

    ゴルゴ13 各話みどころ

    ゴルゴ13:第525話『顔のない男』のみどころ

    簡単なあらすじSPコミックス第194巻収録。反体制派と政府軍の…

  5. ゴルゴ13:第483話『いにしえの法に拠りて』のみどころ

    ゴルゴ13 各話みどころ

    ゴルゴ13:第416話『いにしえの法に拠りて』のみどころ

    簡単なあらすじSPコミックス第146巻収録。レーザー兵器で目を…

  6. ゴルゴ13:第186話『甦るスタンディング・ベア』のみどころ

    ゴルゴ13 各話みどころ

    ゴルゴ13:第166話『甦るスタンディング・ベア』のみどころ

    簡単なあらすじSPコミックス第53巻収録。かつて命を助けられた…

最新刊好評発売中!

ゴルゴ13(211)
created by Rinker
Gの遺伝子 少女ファネット(2)
created by Rinker

みんなが読んでる記事

  1. 【ゴルゴ13】ゴルゴの子供たち大集合!~登場回と母親たちもご紹介
  2. 【ゴルゴ13】ゴルゴのライバルすべて集めました
  3. 【ゴルゴ13】ファンが選ぶ名作13話を完全再現③~【改訂版】リーダーズ・チョイス編
  4. ゴルゴ13:脚本家別で作品を探してみよう!
  5. 【ゴルゴ13】ゴルゴの絶体絶命エピソード集めました~ゴルゴ史上最大のピンチはどれ?
  6. 【ゴルゴ13】女性読者が選んだ名作22話を完全再現!~GOLJO選出編
  7. 「俺の後ろに立つな」からの~俺の後ろに立ってよし!~背後からゴルゴに触れることを許されたキャラクターたち
  8. 【ゴルゴ13】華麗なる女殺し屋たち~女性暗殺者のエピソードすべて集めました

厳選!名作エピソードまとめ

  1. 【ゴルゴ13】1970年代の美女キャラ大集合!~美女が登場するエピソードだけを集めました
  2. 【ゴルゴ13】ゴルゴの弱点・ギランバレー症候群~発症したエピソードすべて集めました。
  3. 【ゴルゴ13】ゴルゴの失敗エピソード大集合~痛恨のミスファイア作品だけ集めました
  4. 【ゴルゴ13】著名人が選ぶ名作13話を完全再現!~各界著名人セレクション編
  5. 【ゴルゴ13】研究家が選ぶ奇跡のスナイプ13話を完全再現!~ゴルゴ13研究家・杉森昌武氏編
  6. ゴルゴ13:戦中戦後ミステリ
  7. 【ゴルゴ13】ゴルゴのライバルすべて集めました~組織&チーム編
  8. 【ゴルゴ13】ゴルゴのルーツ(出生の秘密)編すべて集めました
  1. 【ゴルゴ13】ゴルゴの子供たち大集合!~登場回と母親たちもご紹介

    ゴルゴ13 名作エピソードまとめ

    【ゴルゴ13】ゴルゴの子供たち大集合!~登場回と母親たちもご紹介
  2. 「俺の後ろに立つな」からの~俺の後ろに立ってよし!~背後からゴルゴに触れることを許されたキャラクターたち

    ゴルゴ13 名作エピソードまとめ

    【ゴルゴ13】俺の後ろに立ってよし!~背後からゴルゴに触れることを許されたキャラ…
  3. 【ゴルゴ13】ファンが選ぶ名作13話を完全再現③~【改訂版】リーダーズ・チョイス編

    ゴルゴ13 名作エピソードまとめ

    【ゴルゴ13】ファンが選ぶ名作13話を完全再現③~【改訂版】リーダーズ・チョイス…
  4. 【ゴルゴ13】ゴルゴの絶体絶命エピソード集めました~ゴルゴ史上最大のピンチはどれ?

    ゴルゴ13 名作エピソードまとめ

    【ゴルゴ13】ゴルゴの絶体絶命&恩返しエピソード集めました~ゴルゴ史上最大のピン…
  5. 【ゴルゴ13】名作・傑作を読み終えたらどうする?~ゴルゴの隠れた人気作を一挙ご紹介

    ゴルゴ13 名作エピソードまとめ

    【ゴルゴ13】名作・傑作を読み終えたらどうする?~ゴルゴ13の隠れた人気エピソー…
PAGE TOP