【ゴルゴ13】名作・傑作を読み終えたらどうする?~ゴルゴの隠れた人気作を一挙ご紹介

ゴルゴ13 名作エピソードまとめ

【ゴルゴ13】名作・傑作を読み終えたらどうする?~ゴルゴ13の隠れた人気エピソードを一挙ご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の目次

「長編にハズレなし」がゴルゴ13の絶対法則

当ブログではゴルゴ13の名作・人気作をたくさんご紹介しているわけですが、その名作たちをすべて読破してしまった場合はどうしていますか? 「他のおもしろいエピソードを探そう」と思っても、700話以上あるエピソードをひとつひとつ読破していくわけにもいきませんよね。

そんなあなたには長編・続編作品に的をしぼって読破していくことをお薦めしています。じつはゴルゴ13には「長編にハズレなし」という法則性がありまして、具体的にいいますと130ページ以上を費やした作品には力作が多く、ハズレをひく確率が圧倒的に低いのです。そこで今回は

  1. その作品単体で130ページ以上を満たしている
  2. 続編とあわせて130ページ以上を満たしている

上記の条件を満たしている作品だけをピックアップしてご紹介していきたいと思います。それではハズレなしの面白さ「続編・長編」作品をお楽しみください。

スポンサーリンク



作品単体で130ページ以上を満たしている作品

第21巻『統計解析射撃』

ゴルゴ13:第82話『統計解析射撃』のみどころ

中東産油国から依頼を受けたゴルゴと、それを迎え撃つ米石油メジャー・ハミルトン帝国との死闘を描く長編エピソードです。4日間に渡る過酷な拷問からの逆転劇はファン必見の名場面。また、収録されている第21巻は名作『海へ向かうエバ』が併録されていますので、満足度が高い一冊といえます。
詳しくみる>>

第27巻『芹沢家殺人事件』

ゴルゴ13:第100話『芹沢家殺人事件』のみどころ

シリーズ最大のテーマである「出生の秘密」をテーマに描く一編で、多くのファンがベスト・エピソードにあげるゴルゴ・ミステリーの金字塔です。戦後間もない東京で一家5人が殺害される凶悪事件「芹沢家殺人事件」が発生。捜査が進むにしたがって浮かび上がる謎。芹沢家は戦時中、誰一人として軍隊に召集されていないのでした……。
詳しくみる>>

第28巻『ザ・スーパースター』

ゴルゴ13:第95話『ザ・スーパースター』のみどころ

ヘンリー・キッシンジャー長官の暗殺依頼を軸に、ゴルゴと臆病な少年・ジムとの交流を描く一編。「おれがうさぎのように臆病だからだ……」の名言を生んだ傑作エピソードでもあります。ゴルゴと少年の交流を描いた作品群はシリーズでも人気のカテゴリですので、未読の方はぜひチャレンジしてみてください。
詳しくみる>>

第32巻『帝王の罠』

ゴルゴ13:第114話『帝王の罠』のみどころ

世界有数の石油メジャー、ドーソン・カンパニーの専務から現会長レオナードの暗殺依頼をうけたゴルゴ。しかしこの依頼は息子をゴルゴに殺されたレオナードが、ゴルゴへの復讐として企図した罠だった……。銃撃戦、潜入・脱出アクションがお好きな読者には特にオススメできる一編です。
詳しくみる>>

第57巻『河豚の季節』

ゴルゴ13:第199話『河豚の季節』のみどころ

シリーズ随一の人気テーマである「出生の秘密」と「ゴルゴ・ミステリー」の両方を満たしている傑作エピソード。戦後最大の謎の人物とされるユダヤ人武器商人・マインベルグと、戦時中に行われたユダヤ人移住計画「河豚計画」を軸にゴルゴ13の正体に迫ります。
詳しくみる>>

第65巻『闇の封印』

ゴルゴ13:第226話『闇の封印』のみどころ

建設政務官の塚山は謎の言葉を残して死んだ友人の事件を調査していた。地下鉄の工事現場を探っていた友人は、一体なにを探し当てたのか? やがて塚山は戦時中にある日本人とソ連の間で画策されていた、戦後の新ソ政府樹立の陰謀にたどり着く。スターリンが署名した“S書簡”とは……? 圧倒のミステリー長編です。
詳しくみる>>

スポンサーリンク




第66巻『シーザーの眼』

ゴルゴ13:第227話『シーザーの眼』のみどころ

日本の電気産業・シーザー電子が、盗聴不可能な画期的なシステム「ビームマイクロ・スクランブラー」を極秘裏に開発。しかし、このシステムには重大な秘密が隠されているのでした。KGBの産業スパイで、公安が35年間追い続ける謎の人物“ミスターM”の正体とは……?
詳しくみる>>

第74巻『見えない翼』

ゴルゴ13:第254話『見えない翼』のみどころ

タレントの玉袋筋太郎さんもお薦めしている王道のスパイ・アクションで、ゴルゴ13の魅力が凝縮された一編です。アメリカが進めるステルス戦闘機F-19の計画を阻止したいKGBは、F-19の奪取&設計者の殺害をゴルゴに依頼。ゴルゴの協力者で大戦の英雄・ウィリー爺さんの心意気が痛快です。
詳しくみる>>

第81巻『すべて人民のもの』

ゴルゴ13:第277話『すべて人民のもの』のみどころ

シリーズ屈指の人気作といえばコチラ。「ゴルゴの正体としてふさわしい作品ファン投票」で1位に輝いたゴルゴ13のルーツに迫る一編です。ゴルゴに流れているのはロシア最後の皇帝・ニコライ2世の血なのか? 皇帝に仕えた怪僧・ラスプーチンの血なのか……?
詳しくみる>>

第86巻『禿鷲伝説』

ゴルゴ13:第293話『禿鷲伝説』のみどころ

人気の「ルーツ編」のなかでも最もページ数が多い(180ページ超!)力作がこの『禿鷲伝説』です。日本陸軍の特務機関「卍」とは何か?「卍」所属の一級暗殺者・藤堂征一郎とは?ゴルゴは中国の匪賊に属し、射撃の腕を磨いていたという斬新な仮説でせまる長編ミステリーです。
詳しくみる>>

第89巻『人工知能AIの誤算』

ゴルゴ13「人工知能AIの誤算」のみどころ

米政府が開発した人工知能「AI」がイラクに奪われるお話です。フセインはAIを戦略プログラムとして使用しクウェートへ侵攻。アラブ全面戦争勃発を阻止できる人物として、米国のAIがはじき出したのは「ゴルゴ13」の名前でした……。科学文明に警笛をならす意欲作です。
詳しくみる>>

第90巻『200年の輪廻』

ゴルゴ13:第304話『200年の輪廻』のみどころ

ナポレオン広場の工事現場から一冊の日記が発見される。その日記には驚くべき歴史的秘密が記されていた…! 革命200年祭を目前に、日記を公表しようとするルーブル美術館理事のエルデューですが、秘密を公開されては困るフランス政府はゴルゴに接触をし……。歴史ミステリー好きにはお薦めですよ。
詳しくみる>>

スポンサーリンク



第95巻『日米コメ戦争』

ゴルゴ13「日・米コメ戦争 虎の尾を踏んだ男たち」のみどころ

パブア・ニューギニアでの大規模な米作開発計画が持ち上がる日本政財界。RMA(全米精米業者協会)は、この先も世界経済をリードし続けるためには、日本に米を輸入させなければならないと考え、この米作開発計画の殲滅を計画しますが……。経済戦争モノがお好きな方はぜひ。
>詳しくみる>>

第97巻『覚醒・クーデターの謎』

ゴルゴ13:第327話『覚醒・クーデターの謎』のみどころ

ソ連の政権転覆をめぐる政治サスペンスです。新連邦条約締結を目前にしたゴルバチョフ政権下。政府から危険人物とみなされウクライナに左遷となったソルコフ大佐はクーデターを画策しますが……。第97巻に併録の『最後の顧客』も個人的にオススメです。
詳しくみる>>

第98巻『シベリアの汽笛』

ゴルゴ13:第330話『シベリアの汽笛』のみどころ

政府合意のもと一大プロジェクトとして動き出したシベリア開発事業。日本に金だけ出させて実権は手中に収めたい旧ソ共産党員・ウナトフや、間抜けな通産官僚を出し抜き、ロシア・コネクションを牛耳りたい日本のヤクザ・四条統二郎など、魅力的なキャラクターが登場します。厳密にいうと129ページなんですが、個人的にお薦めの作品なのでご紹介しましょう。
詳しくみる>>

第99巻『最後の戦場』

ゴルゴ13:第333話『最後の戦場』のみどころ

タンザニア国境付近で旅客機が墜落。乗客だったデューク東郷が負傷してしまうエピソード。東西の緊張が去りテロリストに用がなくなったと判断した米・ソ政府は、この機会にゴルゴ13の抹殺を企図します。米デルタフォースとソ連スペツナズの最強タッグvsゴルゴ13の激闘!
詳しくみる>>

第103巻『モスクワの記憶』

ゴルゴ13:第346話『モスクワの記憶』のみどころ

旧ソ連の解体で機密資料が次々と流出。大戦中に日・ソ停戦交渉の裏で行われた“ある密約”についての資料を見た旧日本軍将校・金子は、国家賠償の代わりとして7万人の死者をだしたシベリア抑留を認めた真犯人を知るのでした……。興奮の戦後ミステリー!
詳しくみる>>

第115巻『沖縄シンドローム』

ゴルゴ13:第384話『沖縄シンドローム』のみどころ

こちらも屈指の人気作品です。自衛隊始まって以来の天才パイロット・伊波天臣は、財界の大物・菱井グループの松方と結託し、秘密作戦「オペレーション・トロイ」を決行。それは長く抑圧されてきた沖縄を解放するべく、沖縄出身の自衛官たちを率いて決行する「沖縄独立作戦」でした……。
詳しくみる>>

スポンサーリンク




第120巻『世紀末ハリウッド』

ゴルゴ13:第403話『世紀末ハリウッド』のみどころ

映画の都・ハリウッドで繰り広げられる利権争いを舞台に、ゴルゴがボディガードとして一肌脱ぐ異色の一編です。「中国砦」と呼ばれる要塞ビルで繰り広げられるゴルゴとDIA精鋭部隊との激闘はド迫力の一言!
詳しくみる>>

第130巻『黄金の犬』

ゴルゴ13:第430話『黄金の犬』のみどころ

新種の狂犬病ウィルスをテロに使用しようとするイスラム原理主義の強硬派。強硬派の殲滅を依頼されたゴルゴは、ウィルスの開発者・オコーナー博士が飼っていたレトリバーを使い強硬派のアジトを探り当てますが……。人気カテゴリー「動物モノ」きっての人気作です。
詳しくみる>>

第133巻『戦域ミサイル防衛 TMD幻影』

ゴルゴ13:第440話『戦域ミサイル防衛 TMD幻影』のみどころ

中国への外交圧力として最新型ミサイル迎撃システムTMDを配備しようとする長老派と、大陸への最先端技術導入を唱える若手グループの対立が激化する台湾経済界を舞台とした軍事ミステリー。ゴルゴの右手の持病がひさびさに発症する話題作でもあります。
詳しくみる>>

第144巻『神の耳・エシュロン』

ゴルゴ13:第476話『神の耳・エシュロン』のみどころ

世界的情報監視網を利用した日本企業への盗聴の事実をベースに、ゴルゴ13の活躍を描く防諜サスペンスです。その裏には英米など五か国が極秘裏に進める「エシュロン・システム」があり、その総裁タッカーの暗躍があるのでした……。
詳しくみる>>

第152巻『真のベルリン市民』

ゴルゴ13「真のベルリン市民」のみどころ

統一へむけて、東西ドイツの高官やインテリ層で構成された秘密結社「真のベルリン市民」。西側の細菌学者オットーは、東側の旧友の誘いで結社に参加するが、そこで見たものは細菌兵器を利用したテロ計画だった……。上質な映画を見ているような読みごたえのある作品です。

第153巻『ラストグレートゲーム』

ゴルゴ13『ラストグレートゲーム』のみどころ

アメリカとフランスの石油利権をめぐる攻防を描いた経済戦争モノ。重要なサブキャラであるザイダーンが、瀕死の重傷を負ったゴルゴを助けるといった物語が挿入されていて、経済モノにありがちな退屈さを感じさせない作品に仕上がっています。
詳しくみる>>

第161巻『パライバ・ブルー』

ゴルゴ13『パライバ・ブルー』のみどころ

消息不明となった夫を探しに、ブラジルへやって来た日本人女性・逸見忍。暴行されかかったところをゴルゴに救ってもらった忍は、夫探しの協力を要請しますが……。ブラジルはパライバ州でのみ産出する希少鉱物「パライバ・トルマリン」をめぐる長編サスペンスです。

第162巻『ノモンハンの隠蔽』

ゴルゴ13:第535話『ノモンハンの隠蔽』のみどころ

精密機械メーカーの社長・溝口は、病床に伏す父親から昭和14年に勃発した「ノモンハン事件」に関する戦友の捜索と、“ある遺品”の回収を依頼される。その遺品が回収されることで、自らの過去が暴かれることを危惧した東西鉄道の坂東は、溝口を始末するため刺客を送り込みますが……。興奮の戦後ミステリーです。
詳しくみる>>

スポンサーリンク



第163巻『BEHOLDER』

ゴルゴ13『BEHOLDER』のみどころ

「ミニ・ニューク」と呼ばれる小型核兵器を開発したアドレ博士は、国際テロ組織「ハバス」と結託し世界規模の核兵器テロを画策。一方、CIAからテロ阻止の依頼を受けたゴルゴを監視する謎の男……。最新の監視システムを題材に、文明社会に警笛を鳴らす社会派サスペンスです。

第192巻『軍隊を持たぬ国』

ゴルゴ13:第622話『軍隊を持たぬ国』のみどころ

軍隊を持たない国・アイスランドで、中国人実業家の陸が大規模な土地買収を開始。建前はテーマパークの建設ですが、その目的は貿易拠点と武力拠点を作り、事実上の植民地化を図るものでした……。43巻収録『ミステリーの女王』のエピソードも登場するのでオールドファンにも楽しめる一編です。
詳しくみる>>

第199巻『黒白の演出』

ゴルゴ13:黒白の演出

ある町の市長から、次期市長選の対立候補を失脚させるため対立候補の資金源となっているマフィアの暗殺を請け負ったゴルゴ。しかし直前になって配送中の愛銃・M-16を何者かに盗まれてしまう。何者かの関与を疑い調査を開始したゴルゴですが……。併録の『オクトパスの疑似餌』もおすすめです。

第204巻『33+G』

2010年にチリで発生したコピアポ鉱山落盤事故。じつは生き埋めとなった33人他にもう一人、謎の男(ゴルゴ)が生き埋めとなっていた……。お馴染みの梶本記者や、NSAに存在するゴルゴの協力者の登場など、見どころ満載で贈るパニック・サスペンスの傑作です。
詳しくみる>>

第564話『最終兵器小惑星爆弾』

ゴルゴ13『最終兵器小惑星爆弾』のみどころ

広島原爆の40倍もの威力をもつ小惑星が、モスクワをめがけて急接近。リミット内に小惑星を爆破できる可能性があるのは「レールガン」と呼ばれる新兵器だけだった。レールガンによる狙撃を依頼されたゴルゴは、銃職人デイブをともないモスクワへと乗り込みますが……。
詳しくみる>>

第593話『AIメティス』

ゴルゴ13:第593話『AIメティス』のみどころ

中世以来つづく武器商人の家系・フォルカー家が軍事用のAI「メティス」を開発、メティスを使った“ゴルゴ狩り”に乗り出します。敵の行動を完璧に予測するメティスに対し、ゴルゴは銃職人デイブと天才ハッカー・ショーンの協力を得て乾坤一擲の大勝負を仕掛けますが……。
詳しくみる>>

続編とあわせて130ページ以上を満たしている作品

『アラスカ工作員』~『ラ・カルナバル』

ゴルゴ13:第49話『ラ・カルナバル』のみどころ

第10巻に収録の『アラスカ工作員』『鎮魂歌に牙を』『リオの葬送』『ナチス鉤十字章は錆びず』『ラ・カルナバル』は、ネオナチ組織・第四帝国出身のオーベルトとの戦いを描いた連作となっています。5作品をあわせると合計ページ数は215ページ。大満足の長編としてお楽しみください。

『チェック・メイト』&『ステール・メイト』

ゴルゴ13:第117話『チェック・メイト』のみどころ

第33巻収録の『チェック・メイト』と『ステール・メイト』は、クリープランドの大物実業家・ヌオールズとの闘いを描いた一編。2作品あわせて131ページの長編となっています。オフィシャルブック『THEゴルゴ学』のファンが選ぶTOP40で第18位に輝いた秀作コンビでもあります。

『ミステリーの女王』&『ミステリーの女王2』&『毛沢東の遺言』

ゴルゴ13:第151話『ミステリーの女王』のみどころ

第43巻収録の『ミステリーの女王』と、続編の第141巻収録『ミステリーの女王2』。世界的作家・ペンローズとの激闘、名脇役マンディ・ワシントンの再登場、地獄の傭兵マックス・シュナイダーとの因縁……etc。息つく暇もないゴルゴ・アクションの金字塔です。また51巻『毛沢東の遺言』は、ペンローズの遺稿がゴルゴの出生の秘密に関係してくるストーリーですので、こちらも姉妹編としてお楽しみいただけます。

スポンサーリンク




『沸騰』&『沸騰・第四帝国』&『崩壊・第四帝国 狼の巣』

ゴルゴ13:第182話『沸騰』のみどころ

ゴルゴ13最大の宿敵といえば、ネオナチ組織の「第四帝国」です。第52巻収録の『沸騰』と『沸騰・第四帝国』、第53巻収録の『崩壊・第四帝国 狼の巣』はこの第四帝国との決着戦を描いた連作。第10巻にも第四帝国つながりの連作が収録されていますので、さきに第10巻を読んでおけば、11年におよぶ第四帝国との死闘を一気読みできますよ。

『ロックフォードの野望』&『謀略の死角』

ゴルゴ13:第217話『ロックフォードの野望』のみどころ

第63巻収録の『ロックフォードの野望』と第66巻収録の『ロックフォードの野望 謀略の死角』は、事実上、世界征服を成し遂げたロックフォード一族との死闘を描いた連作です。湖畔でのスナイプは必見の名場面。他にも盟友ローゼン・ザメックの仇討ちなど、みどころ満載の長編です。

『フィールド・テスト』&『大学教授の私生活』

ゴルゴ13:第294話『大学教授の私生活』のみどころ

73巻収録の『フィールド・テスト』と続編の86巻収録『大学教授の私生活』は、MIT(マサチューセッツ工科大学)のシュルツ教授が開発した高性能ライフルとの闘いを描いた連作です。シュルツ教授はコロンビアのゲリラ組織にライフルを与え、ゴルゴと対決させることでライフルの性能をテストしますが……。

『BEST BANK』&『オフサイド・トラップ』

ゴルゴ13:第301話「BEST BANK」のみどころ

第89巻収録の『BEST BANK』と、続編の第106巻収録『オフサイド・トラップ』。現役の銀行マンが脚本を手掛けた本格の経済モノです。よく練られた構成ですので、とにかく解りやすい。経済モノが苦手で普段は敬遠している方にこそ読んでほしい名作です。

『乳白の闇』→『いにしえの法に拠りて』

ゴルゴ13:第402話『乳白の闇』のみどころ

第120巻収録の『乳白の闇』と第146巻収録の『いにしえの法に拠りて』。厳密に言うと続編ではないのですが、どちらもゴルゴ13とレーザー銃との闘いを描いた作品です。ゴルゴがレーザーに狙われる設定は、意外と他の作品にはないハラハラ・ドキドキ感があってお薦めです。『いにしえの~』はゴルゴが失明してしまうショッキングな一編ですよ。

スポンサーリンク



『オーバー・ザ・スカイ』&『アンダーグラウンド』

ゴルゴ13:第406話『オーバー・ザ・スカイ』のみどころ

第121巻収録の『オーバー・ザ・スカイ』と第123巻収録の『アンダーグラウンド』は、デジタル衛星放送時代の主権を握りたいメディア王・ワールドロップによる日本の地上波テレビ局乗っ取り計画を描いた連作。ですが一番のみどころは、シリーズ屈指の人気を誇る美女キャラ・リンダの登場でしょう。

『イングリッシュローズ』&『プリンセスの涙』

ゴルゴ13:第540話『プリンセスの涙』のみどころ

第124巻収録の『イングリッシュローズ』と第163巻収録の『プリンセスの涙』は、イギリスの故・ダイアナ王妃を題材にした作品です。厳密に言うと続編ではないのですが、どちらも秀逸な作品でダイアナ王妃つながりということもあり、オススメさせていただきます。別々に読んでも全く問題ありませんけどね。

『冥王の密約』&『パッチワークの蜜蜂たち』

ゴルゴ13:第458話か『冥王の密約』のみどころ

第139巻収録の『冥王の密約』と第134巻収録の『パッチワークの蜜蜂たち』。『冥王の密約』でノイマン医師に命を救われたゴルゴが、ノイマン医師の死後、ノイマンの妻・キャサリンの窮地を救いに再び現れる異色の連作。発表順では『パッチワーク~』が先ですが、『冥王の密約』から読むのも個人的にオススメです。

『最終暗号』&『最終通貨の攻防』

ゴルゴ13:最終通貨の攻防のみどころ

第129巻収録の『最終暗号』と第201巻収録の『最終通貨の攻防』は、“暗号”をテーマに描くスリリングな連作。どちらの作品にも数学界の伝説的巨人とされる日本人・佐久シゲルが登場し、ゴルゴ13との交流が描かれます。『最終通貨の攻防』は2020年8月現在、単行本化されていません。単行本化が待ち遠しいですね。

『亜細亜の遺産』&『亜細亜の遺産・その後』

ゴルゴ13:第529話『亜細亜の遺産』のみどころ

第160巻収録の『亜細亜の遺産』と『亜細亜の遺産・その後』は、戦後まもなく反占領軍活動を目的として設立された「黒田機関」との闘いを描く連作です。シリーズ最大の人気テーマ「出生の秘密」を扱った作品でもありますので、ハズレを引く可能性は限りなく低いです。

『Gの遺伝子』&『ゴルゴダの少女』

ゴルゴ13:『Gの遺伝子』のみどころ

“ゴルゴの娘”として話題となった天才少女ファネット・ゴベールが登場するのが、『Gの遺伝子』と『ゴルゴダの少女』です。両作品あわせて260ページ超の大ボリューム。これを薦めて「面白くない」と言われたことは無かったですね。2022年4月現在、どちらもSPコミックス未収録。待ち遠しいですね。

ゴル子
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。よろしければ下記からご意見・ご感想お聞かせください♡

「みんなのご意見箱」送信フォーム>>

The following two tabs change content below.

斉藤 ルッチ

休日は日がな一日、本や漫画を読んで過ごしております。好きな漫画家はさいとう・たかを、寺沢武一、弘兼憲史、荒木飛呂彦、原秀則などなど。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鬼平犯科帳:第3話『血頭の丹兵衛』のみどころ鬼平犯科帳 漫画:第3話『血頭の丹兵衛』のみどころ前のページ

ゴルゴ13:第16話『殺意の交差』のみどころ次のページゴルゴ13:第22話『殺意の交差』のみどころ

関連記事

  1. 【ゴルゴ13】1990年代の美女キャラ大集合!~美女が登場するエピソードだけを集めました

    ゴルゴ13 名作エピソードまとめ

    【ゴルゴ13】女性キャラ大集合1990’s~BEST of ゴルゴ・ガールズ④

    女性の時代に相応しい才媛が勢揃い60年代・70年代はゴルゴに泣…

  2. 【ゴルゴ13】1970年代の美女キャラ大集合!~美女が登場するエピソードだけを集めました

    ゴルゴ13 名作エピソードまとめ

    【ゴルゴ13】女性キャラ大集合1970’s~BEST of ゴルゴ・ガールズ②

    1970年代は美女キャラ豊作の時代もともと英国のスパイ映画「0…

  3. 【ゴルゴ13】ファンが選ぶ名作13話を完全再現②~【初代】リーダーズ・チョイス編
  4. 【ゴルゴ13】ゴルゴへの連絡方法はこんなにある!~依頼方法が明らかになるエピソードだけ集めました
  5. 【ゴルゴ13】著名人が選ぶ名作13話を完全再現!~各界著名人セレクション編
  6. 【ゴルゴ13】1980年代の美女キャラ大集合!~美女が登場するエピソードだけを集めました

みんなが読んでる記事

  1. 【ゴルゴ13】華麗なる女殺し屋たち~女性暗殺者のエピソードすべて集めました
  2. 【ゴルゴ13】ゴルゴのライバルすべて集めました
  3. 【ゴルゴ13】ゴルゴの絶体絶命エピソード集めました~ゴルゴ史上最大のピンチはどれ?
  4. 【ゴルゴ13】名作・傑作を読み終えたらどうする?~ゴルゴの隠れた人気作を一挙ご紹介
  5. 【ゴルゴ13】ゴルゴ流・世界経済入門。金融市場を貫く神業スナイプを一挙紹介!
  6. 【ゴルゴ13】デイブ・マッカートニー登場話まとめ~ゴルゴ御用達ガンスミスのすべて
  7. 【ゴルゴ13】女性読者が選んだ名作22話を完全再現!~GOLJO選出編
  8. 「俺の後ろに立つな」からの~俺の後ろに立ってよし!~背後からゴルゴに触れることを許されたキャラクターたち
  9. 【ゴルゴ13】ゴルゴの子供たち大集合!~登場回と母親たちもご紹介

厳選!名作エピソードまとめ

  1. ゴルゴ13:戦中戦後ミステリ
  2. 【ゴルゴ13】ゴルゴのルーツ(出生の秘密)編すべて集めました
  3. 【ゴルゴ13】ゴルゴの失敗エピソード大集合~痛恨のミスファイア作品だけ集めました
  4. 【ゴルゴ13】ゴルゴの弱点・ギランバレー症候群~発症したエピソードすべて集めました。
  5. 【ゴルゴ13】1970年代の美女キャラ大集合!~美女が登場するエピソードだけを集めました
  6. 【ゴルゴ13】研究家が選ぶ奇跡のスナイプ13話を完全再現!~ゴルゴ13研究家・杉森昌武氏編
  7. 【ゴルゴ13】ゴルゴのライバルすべて集めました~組織&チーム編
  8. 【ゴルゴ13】著名人が選ぶ名作13話を完全再現!~各界著名人セレクション編
  1. 【ゴルゴ13】ファンが選ぶ名作13話を完全再現③~【改訂版】リーダーズ・チョイス編

    ゴルゴ13 名作エピソードまとめ

    【ゴルゴ13】ファンが選ぶ名作13話を完全再現③~【改訂版】リーダーズ・チョイス…
  2. ゴルゴ13 名作エピソードまとめ

    【ゴルゴ13】これを読まずに死ねるか!~デューク東郷・魅惑のベッドシーン大集合
  3. 【ゴルゴ13】デイブ・マッカートニー登場話まとめ~ゴルゴ御用達ガンスミスのすべて

    ゴルゴ13 名作エピソードまとめ

    【ゴルゴ13】デイブ・マッカートニー登場エピソードまとめ~ゴルゴ御用達ガンスミス…
  4. 【ゴルゴ13】ゴルゴ流・世界経済入門。金融市場を貫く神業スナイプを一挙紹介!

    ゴルゴ13 名作エピソードまとめ

    【ゴルゴ13】ゴルゴ流・世界経済入門。金融市場を貫く神業エピソードを一挙紹介!
  5. 【ゴルゴ13】ゴルゴの子供たち大集合!~登場回と母親たちもご紹介

    ゴルゴ13 名作エピソードまとめ

    【ゴルゴ13】ゴルゴの子供たち大集合!~登場回と母親たちもご紹介
PAGE TOP