【独自解説!】ゴルゴ13 全エピソード一覧(SPコミックス未収録編)

ゴルゴ13 全作品リスト

【独自解説!】ゴルゴ13 全エピソード一覧(SPコミックス未収録編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SPコミックス未収録の『ゴルゴ13』の全エピソードのタイトルと簡単なあらすじが書いてあります。「みどころを見る」のリンクがある箇所は、そのエピソードのみどころ詳細ページ(多少のネタバレあり)へ移動することができます。

なおSPコミックスに収録済みの作品一覧は別途『ゴルゴ13 全エピソード一覧』でまとめてあります。またゴルゴ13の名作や人気エピソード、おすすめエピソードをお探しの方には「名作エピソードまとめ」もございます。こちらも是非ご覧ください。

この記事の目次

第237話:幻の栽培

1986年、泥沼化するイラン・イラク戦争下、イラン国内では僧侶体制に疑問をもつ厭戦ムードが充満していた。戦争継続を推し進めたいイラン秘密警察は、老衰で寝たきりの指導者・ホメイニー師の影武者を登場させることで、国民を鼓舞し、戦意の高揚を図るが……。
みどころを見る>>

第245話:スワップ 捕虜交換

モサドの一級工作員サラ・ストームがパレスチナ解放武力同盟に囚われた。つづいて武力同盟はイスラエルに対して捕虜交換を提案、ハイジャック犯・ガブリエレの釈放を要求する。しかしこの交換の裏には、捕虜を出獄させては困る両国の思惑が隠されていた……。
みどころを見る>>

第266話:バチカン・セット

バチカン銀行を切り盛りしてきたニーノは、上司であるマッシモ司祭に不正投資で出した損失の責任を押し付けられ、バチカンから追放された。彼はスイス銀行の不特定口座から不正出金し復讐を開始する。が、不正出金した口座がゴルゴの口座だったことから……。
みどころを見る>>

増刊第20話:疫病神の道標

マフィアからの借金を滞納し、窮地に立たされたゴシップ記者・ルウ。彼は大物俳優・ロブソンに関するある秘密をネタに、ロブソンから大金をせしめようとする。CIAの友人からゴルゴを紹介されたロブソンは、ルウの始末を依頼するが、最終的にロブソンが下した決断はまさかの……。

増刊第32話:告発の鉄十字

戦時中、「虐殺人」のあだ名で恐れられたSS少尉・シュタイナー。彼は“ある事件”をきっかけに、温厚な別人格が出現し、そのまま大病院の院長として過ごしていた。そんなある日、自分が熱狂的なナチ信者の集会で演説をしていた事実を突きつけられ狼狽する……。

第556話:地獄のダンサー

かつて“地獄のダンサー”と呼ばれ恐れられた少女スナイパー・ジェーンが、20年後、ファンド・マネージャーとして成長し、日本に金融戦争を仕掛ける。金融・為替のウンチクは多いが、ジェーンが魅力的なキャラクターのため、金融・為替に明るくない読者でも読みきれる。

第559話:置き去りの街

高額の税金を納める富裕層が、その税金を低所得者に使われるのは納得がいかない。そんな価値観から、富裕層だけが住み、富裕層のためだけに税金を使う街を新しく作ってしまった“サンディ・スプリングス市問題”を下敷きにした短編社会派作品。
みどころを見る>>

第560話:縄文の火

縄文文化の研究者・藤山は、恩師である但馬と土器に対する修復をめぐって意見が合わない。そんななか藤山は、海外のオークションで日本の縄文土器が高額で取引されていることを知る。藤山は過度な修復を容認する但馬が、土器の横流しに関わっていると推理する。

第561話:The Great Game

石油と天然資源に恵まれたリドキスタンとの外交をめぐり、日本・中国・ロシアが火花を散らす政治外交モノ。アメリカの傘を離れ、リドキスタンとの独自外交を進める安保局長・吉村は、リドキスタンでの石油プラント建設に活路を見出だそうとするが……。

第562話:Gの遺伝子

ゴルゴの遺伝子を受け継ぐ天才少女・ゴベールが登場する一編。彼女がゴルゴの娘ではないかと考えた国防総省は、ゴベールのDNAを調べることでゴルゴの弱みを握ろうと画策するが……。制服姿の女学生がゴルゴばりの活躍をするシリーズ新境地に挑んだ傑作。
みどころを見る>>

第563話:ラブバード

米国に千数百も存在するといわれる政府系調査機関にスポットをあてた短編。別々の調査機関に勤務する夫婦が、偶然にも同じ人物を追っていた。テロの可能性があると報告しても取り合ってもらえない二人は、自分たちでホシの正体を暴こうとマイアミへと旅立つが……。

第564話:最終兵器小惑星爆弾

広島原爆の40倍もの威力をもつ小惑星が、モスクワをめがけて急接近。リミット内に小惑星を爆破できる可能性があるのは「レールガン」と呼ばれる新兵器だけだった。レールガンによる狙撃を依頼されたゴルゴは、銃職人デイブをともないモスクワへと乗り込む。
みどころを見る>>

第565話:アームストロングの遺言

人類初の月面歩行は米国による捏造だった!? 「月面歩行の真相を暴露する」という脅迫状がホワイト・ハウスに届く。イタズラだとして取り合わない米国だったが、動画共有サイトでアームストロング船長本人が「月を歩行したことなどない」と語る動画が拡散され……。

第566話:カルミアの髪飾りの女

ミャンマーの政治家・アウンサンスーチーをモデルとした政治サスペンス。本作では憲法を改正したのち、大統領に上り詰めるまでを描いている。大統領に就任するにあたり、息子に危害がおよぶことを危惧した彼女は、ゴルゴをも巻き込んだトリックを考えるが……。

第567話:i-Construction

狙撃不可能といわれる要塞に身を隠す中国の二重スパイが、ゴルゴによって殺害された。偶然、事件に関わったジャーナリストの深沢は、三次元測量データを駆使してゴルゴの狙撃方法を解き明かす。深沢の名探偵ぶりにスポットを当てた一編。

第568話:G戦場のニンジャ

ゴルゴvsニンジャの闘いを描く対決もの。忍術をベースとした犯罪組織を興さんとする蛭田道心は、日本商社の社員を誘拐し身代金を要求する。蛭田の野望を阻止せんとする師匠・見城は、蛭田部隊の殲滅をゴルゴに依頼する。

第569話:国交回復の朝

アメリカとキューバの国交回復を下敷きに描く人間ドラマ。国交断絶時に亡命した人気投手・ホセは、国交が回復してからも亡命を手配した裏社会の人間・ジョージから恐喝されていた。思い悩んだ末、ホセはプロの殺し屋にジョージの始末を依頼するが……。

第570話:英雄は、風の中で眠る

麻薬組織撲滅という大義のもと、麻薬組織の首領・リマディを狙うインドネシア軍のジャガド。しかしリマディはジャガドに関する“ある秘密”を握る人物だった。一方、暗殺の命をうけたアティ中尉が潜入したアジトでは、なぜかゴルゴが囚われの身となっていて……。

第571話:フトゥーロ・デ・ボリビア

南米の国際情勢の移り変わりを背景に、ボリビアの先住民運動や少年兵による武装蜂起などを扱った社会派サスペンス。トリック仕立ての構成で真相が最後の最後までわからない。読者参加型の推理サスペンスといった側面もある作品。
みどころを見る>>

第572話:麻薬地下鉄

フロリダ州マイアミを舞台に、最新のITシステムを駆使する麻薬組織とゴルゴとの対決を描く短編。組織の幹部・ムーニョスは組織の縄張りを侵したゴルゴを、ライバルの中国マフィアだと勘違いし、攻撃を仕掛けてしまうが……。
みどころを見る>>

第573話:琉球の羊

沖縄で物資輸送ヘリ・オスプレイの墜落事故が発生。反基地闘争が激しさを増すなか、墜落事故がゴルゴの仕業と疑う在沖縄米軍は、再び沖縄に現れたゴルゴの迎撃準備に入るが……。沖縄の米軍基地問題に焦点を絞ったゴリゴリの国際情勢モノ。
みどころを見る>>

第574話:涙も凍る

“戦後の闇”を題材にした仇討ちモノ。清掃会社を営む川田は、認知症が進む父が過去の記憶に悩まされていることに疑問をもつ。政府関係の調査員を使って調べたところ、父はシベリア抑留者で、抑留中にある人物と接点があったことが判明する……。
みどころを見る>>

第575話:魔女の銃弾

麻薬撲滅組織を壊滅させるミッションを描く潜入アクション。武装蜂起が危惧される麻薬撲滅組織「トックハン自警団」の殲滅を請け負ったゴルゴは、自警団に夫を殺害された過去をもつ女戦士・ヘイゼルとともに敵地へと乗り込むが…。
みどころを見る>>

第576話:夢の国

アメリカ大統領となって、めぼしい成果を上げることができていないプラント大統領。支持率低下に歯止めをかけたい陣営のスミスは、支持率アップのための狂言を成功させるために、ゴルゴに強力を仰ぐ。それは“ある物”を狙撃する高難度の狙撃依頼だった……。
みどころを見る>>

第577話:重慶の土龍

国際法に違反し、中国が極秘に開発をすすめる核ミサイル「土龍」。土龍開発に最も貢献したのは技術主任の郭だが、じつは郭には共産党に父親を殺された過去があり、その復讐として土龍を上海に落とす計画があった。郭の弟・猛林は、ゴルゴに計画の阻止を託すが……。
みどころを見る>>

第578話:洋上の偽り

ゴルゴはアメリカ・テキサス州で銃規制に反対する活動家・シアラーの狙撃を依頼される。しかしシアラーのダミーの存在を疑うゴルゴ。一方、依頼人は不審死を遂げる。情報漏れを確信したゴルゴは依頼人と接触した豪華客船に潜入するが……。

第579話:オーバーラン

メキシコシティの空港で日本の旅客機が滑走路をオーバーランする事件が発生。現場を担当したメキシコ通信社の梶本は、事故の混乱の中、日系人の乗客が消えたという情報をキャッチする。一方、旅客機の車輪からは狙撃らしき破損が発見されるが……。

第580話:ビルに立つ男

アリゾナ州のとある高層ビルで、飛び降り自殺志願の男が出現する。一方、ビル下のカフェにはゴルゴの姿があった。お抱えの情報屋を呼び出し、いくつかの指示を与えるゴルゴ。一体、ゴルゴの目的は何なのか? 終盤で種明かしがある読者参加型の推理短編。
みどころを見る>>

第581話:深海の盾・無音潜水艦

マレー半島。超人的な聴力の操縦士がレーダー役を務める難攻不落の海賊基地。オーストラリア海軍は基地に気付かれず接近できる新型潜水艦の入手を検討するが、これを警戒する中国が妨害工作を……。

第582話:マルタの騎士

政権の腐敗を追うマルタの女性ジャーナリストが、パナマから流出した機密文書に政権の不正蓄財を発見する。調査を進めるうち、「トウゴウ」なる奇妙な経歴をもつ投資家の存在が浮上。取材を始めるが……。

第583話:ホワイトハッカー

日本の官庁がハッキングをうけ、大量の情報が流出した。セキュリティ強化のために呼ばれた敏腕SE・鍛冶屋がハッキングはロシアの仕業と突き止める。これを察知したロシアは鍛冶屋の命を狙い始めるが……。ゴルゴの新しい助手の誕生も描く異色作。

第584話:情報屋の弟子

AI社会に警笛を鳴らす短編。犯罪組織の殺し屋が次々と変死する事件が発生する。偶然の事故かと思われたが、ゴルゴも襲撃をうけるに至り調査を開始する。ゴルゴの相棒を務める情報屋見習い・ダビが憎めないキャラクター。

第585話:地獄のホバートレース

伝統あるシドニー・ホバート・レース。臨時クルーとしてヨットに乗り込んだゴルゴに、シドニー警察のヒューイットが立ち塞がる。ゴルゴの目的とは一体…? 女性スキッパー・エリスとのほのかなロマンスも楽しめる感動の海洋アクション。
みどころを見る>>

第586話:パンダ外交

インフラ整備のために中国との外交強化をはかるミャンマー。だが政府が絶大な信頼を置く女預言者スイ・スイは、その政策に異を唱える。大臣秘書のトゥンは、スイ・スイが日本と結託しウソの予言をしていると推理。スイ・スイ抹殺へと動くが……。
みどころを見る>>

第587話:ゴルゴダの少女

Gの遺伝子を受け継ぐ天才少女・ゴベールが3年ぶりに再登場する。不法移民の少年・サマンから危機を救ってもらったゴベール。そのサマンが失踪したと聞き、ゴベールは調査を開始する。移民を私的処刑する謎の集団に辿りついたゴベールだが、そこには……。
みどころを見る>>

第588話:ナイルの野望

日本の大手銀行を手に入れるための壮絶なTOB合戦を描く経済モノ。米のEC最大手「ナイル」の女帝・ロペスは金融進出を計画、日本のやまとFGに狙いを定める。やまと側のホワイト・ナイト、呉との手に汗にぎる経済戦争がみどころ。
みどころを見る>>

第589話:選抜射手

選び抜かれた狙撃能力が高い兵士(選抜射手)とゴルゴとの決闘を描く対決モノ。アメリカ陸軍の名狙撃手・マークスマン。彼はヒットマンに命を狙われている元上官に請われ、ボディガードを請け負うこととなる……。

第590話:カタールの剣

サウジアラビアなど中東4カ国から国交断絶を突きつけられたカタール。カタールのタミル王子は、自国の花形サッカー選手をゴルゴに狙撃させ、その罪をサウジアラビアに擦りつけることで弔問外交を画策する。しかし依頼をゴルゴに断られてしまい……。
みどころを見る>>

第591話:運の悪い女

静岡県で遊説中の国会議員が狙撃され、流れ弾で女性が死亡する。テロかと思われた矢先、被害者が特別な保険に加入していたことが発覚する。当時、被害女性の保険担当で、現在は新聞記者として活躍する室田は、事件には裏があるとみて調査を開始するが……。

第592話:複数弾同時着弾

ギリシャを国際的孤立に招く3人の活動家。陸軍は彼らを同時に狙撃するため、3人の狙撃兵を選抜、一斉射撃の特殊訓練を開始する。しかし軍内の裏切り者によって狙撃手の一人が重傷を負ってしまう……。

第593話:AIメティス

中世以来つづく武器商人の家系・フォルカー家が軍事用のAI「メティス」を開発、メティスを使った“ゴルゴ狩り”に乗り出した。敵の行動を完璧に予測するメティスに対し、ゴルゴは銃職人デイブと天才ハッカー・ショーンの協力を得て乾坤一擲の大勝負を仕掛けるが……。
みどころを見る>>

第594話:カリブ海の覇権

経済建て直しで守旧派と改革派が対立するキューバ。中国からの巨額借款が決定するが、その見返りとして、軍部が中国海軍の潜水艦基地建設の密約を交わしていた。キューバ・ミサイル危機以来の大事件を危惧した改革派はゴルゴに接触する。

第595話:楽園の女

数百年にわたり外界と交流を絶ってきたインド洋の小島。任務のため島に上陸したゴルゴは全身を防護服で覆っていた。それには、ある特殊な依頼条件が関係していたが…。シリーズ屈指の異色短編。

第596話:死者の手

INF全廃条約撤廃をめぐる米・ロの軍拡競争を軸に、ペンタゴンが放った自律型殺人ロボット「ヒョードル」とゴルゴの死闘を描く。女形AIロボット“シセル”や、「ペンタゴンのヨーダ」の異名をもつシャルールなど魅力的なキャラクターが登場する。

第597話:幻滅のアトランティス

ブラジルで現地人とともにマグロ漁を営む神埼。順調に事業が拡大していた矢先、盟友の佐藤が不可解な自殺を遂げ、神埼のもとに佐藤からの遺書が届く。そこには右腕として信頼していたブラジル人・サントスが会社の乗っ取りを画策している事実が記されていた……。

第598話:モルドバの咆哮

政治的な諸事情で国家として承認されていないため、EU加盟を阻まれる恐れがあるモルドバ共和国の苦悩を描く。愛国者・ストゥルザは自国内にあるにもかかわらず、ロシアが実効支配する「沿ドニエストル共和国」を割譲することで活路を見出そうとするが……。

第599話:臆病者は誰か?

政治的メッセージを込めた絵画作品を発信している謎の画家・バーナビー。そのバーナビーがゴルゴに託した仰天の依頼内容とは? 一方、FBIを発信源として広がる米大統領暗殺の噂。時を同じくして大統領演説会場にゴルゴの姿が。バーナビーの依頼とはまさかの……!?

第600話:銀翼の花嫁

米海軍の無人機オペレーターを務めるミシェルは、中東での作戦行動展開中に思いがけずゴルゴと接触。ゴルゴと一夜を共にしたミシェルは、彼ともう一度会いたいがためにNSAのデータベースに侵入するなど、常軌を逸した行動をとり始める。
みどころを見る>>

第601話:癒やされぬ傷

米製薬会社に勤めるアコスタは、母国アルゼンチンで起こった軍事クーデターで、恩師の家族を殺害した犯人を40年以上追っている。ある日、提携交渉で会談したイタリア製薬大手のCEOの親指に奇妙な傷痕を発見する。その傷はかつて大量殺戮を犯した動かぬ証拠だった……。

第602話:地図無き悪霊の森

“謎の悪霊”が出没するロシアのラウル山脈。悪霊に妹を斬殺されたイヴァノバは悪霊退治を誓うが、村の男たちは悪霊を恐れ加勢を拒む。イヴァノバはSNSで募集した助っ人(ゴルゴ)を伴い、悪霊狩りに出陣するが……。ゴルゴも苦笑せざるを得なかったイヴァノバのキャラに注目。
みどころを見る>>

第603話:パンドラの甕

アフリカ南部の国・ザンビアを訪れていたスイス人が、そこで振る舞われた地酒を飲んだ後、命を落としてしまう事件が発生する。酒には白人だけに害を及ぼす酵母が含まれていたためで、この事実を知った中国は酵母を利用した対白人兵器の開発に乗り出すが……。

第604話:RBGの悪夢

2020年9月。米最高裁のリベラル派判事・ガーランドは、現大統領がガーランドの死後、その後任に保守派の判事を指名するであろうことを危惧していた。米国の司法が保守化し、魔女狩りの道具と化すことが許せないガーランドは、ある計画をゴルゴに託すのだが……。
みどころを見る>>

第605話:地球の裏側で

米国で開催予定のG7サミット。不祥事が発生すればホスト国の面目丸潰れだ。警備責任者のオットーは、唯一の懸念として残るゴルゴの存在に頭を悩ませていた。オットーはゴルゴ対策にいくつかのプランを用意するが、やがて新型ウィルス感染の影が忍び寄り……。

第606話:EASY JOB

119巻収録『間違われた男』を彷彿とさせるクスリと笑える短編。マフィアの放蕩息子・ロイが、取引先へ重要書類を運ぶことになった。敵対組織はロイが運転する車を尾行し、隙あらば書類を画策する。が、ロイに同行した東洋人のボディガードをゴルゴと勘違いしたことから……。

第607話:アルマジロの春

アメリカ・テキサスでペーパーカンパニーの警備保障会社を運営するジョー。昔は用心棒として鳴らしたが、今ではすっかり枯れ、飄々と暮らしていた。そこへかつての恋人が現れて……。ジョーはゴルゴの銃弾をかわし、驚きの表情を作らせた貴重な凡キャラだった。

第608話:ジグソー・コード

カナダ・トロントの空港の税関で、奇妙なジグソーパズルが職員の目に留まった。インド人によって持ち込まれたその白地のパズルには、“謎の文字”が書かれていた。一方ゴルゴは、インド西部の農村で大地主の狙撃を遂行したのだが……。

第609話:依頼なき狙撃

フリージャーナリストの深沢は、取材のため訪れていた北九州の門司で偶然ゴルゴを目撃する。危険を承知でゴルゴを追うことにした深沢は、門司の対岸・下関で、政界に進出しようとしていた元タレントが何者かに狙撃されたことを知り、依頼人を特定しようとするが……。

第610話:覚悟がすべて

スコットランド独立問題に揺れる英国では、国家主義派(独立を阻止したい)と独立派が対立。そんななか国家主義派の大物ウェンライトが不可解な行動をとる。裏でウェンライトを操る謎の女性とは? そしてゴルゴがこの問題に絡み……。

第611話:逆心のプラントアカデミー

南米・パラグアイで大規模稲作事業を展開する日本人・稲村。事業は確実に実を結んでいたと思われていた矢先に、水稲の3割近くが異様に感染力の強い新型紋枯菌に感染していることが判明した。困った稲村はロシアのプラントアカデミーに助けを求めるが……。

第612話:偶然の先に

ゴルゴはある依頼でホテルの一室に滞在する標的を仕留める。が、狙撃の瞬間、ゴルゴのスコープに落下する赤ん坊が映り込む。赤ん坊はゴルゴのアドリブ狙撃によって救われたが、赤ん坊を放り投げた男に、狙撃の瞬間を目撃された恐れがあった……。

第613話:オープンダイアローグ

精神疾患を患う兄を不適切な薬物治療によって亡くしたマリア。彼女は兄に処方を行った医師が、過去を偽り「オープンダイアローグ」なる、薬にたよらない治療法を推奨していることを知る。怒りに震えるマリアは、CIAの友人に接触するが……。

第614話:最終ウイルス

新疆ウイグルで支配を強める軍閥の超。彼は危険な思想を持ち、有害ウイルスの研究開発をすすめ、すでにウイグル人を実験台とした人体実験も行っていた。一方、あるミッションで重傷を負ったゴルゴは、ウイルス研究の権威・テギン教授に命を救われる……。
みどころを見る>>

第615話:雉も鳴かずば

2021年、ドイツ西部を襲った大水害で家と家族を失ったべーム。妻子を守れなかったことを悔やむなか、被災地を訪れた州知事・オシェットが心ない言葉を浴びせる。政治的な不手際や失言に怒りをおぼえたべームは、オシェットに天誅をくだすことを決意するが……。

第616話:レディ・フィンガー

海外からの観光客で賑うパプアニューギニアの青果市場に、一際目立つ美しい白人女性の姿。彼女は連絡が途絶えた夫の消息を探して訪れたというが……。莫大な富を生み出すポテンシャルをもった“ある果物”の利権争いを描いた短編。

第617話:データセンター奪取

2008年、国際的武器商人のユボウトが逮捕された。10年後、ユボウトの部下たちが、当時の不可解な逮捕劇の真相に迫るべく調査を開始する。判明したのは逮捕される前夜に、ユボウトが「死神を見た」と話していることだった……。

第618話:鳥を見た

とあるホテルで発生した窃盗事件を追う刑事・チコ。ホテルの屋上で一服するチコは、鳥の写真を撮影しようとしている女性・ローズと出逢い、意気投合する。そんな中、近隣で狙撃事件が発生し、近くにはゴルゴの姿が確認されたが…。犯人はゴルゴなのか? それとも……。

第619話:超絶技巧ツィガーヌ

要人ばかりを狙う遠距離狙撃事件の真相を探るパリ警視庁のブサール警部。警視庁に保管されているゴルゴの極秘ファイルまでたどり着くものの、核心に迫れない警部は、ゴルゴと同じ目をもつ少女、ファネット・ゴベールに接触し活路を見出そうとする……。

第620話:ラスト・ラフ

別名“隣にいる暗殺者”。至近距離からの暗殺を専門とする正体不明の暗殺者・ストラウブが登場。彼の標的となった男から、ストラウブ排除の依頼をうけたゴルゴだったが……。姿、名前、職業を自由自在に変え、標的に接近するストラウブとの息詰まる決闘。

第621話:ベテランズ・デイ

ベトナム戦争時に難民として渡米したグエン。現在は実業家として成功しているが、50年前のベトナム戦争の記憶を拭えないでいた。アメリカ兵によって殺された妹の復讐を果たすべくゴルゴに接触を図るグエンだったが……。

The following two tabs change content below.

斉藤 ルッチ

休日は日がな一日、本や漫画を読んで過ごしております。好きな漫画家はさいとう・たかを、寺沢武一、弘兼憲史、荒木飛呂彦、原秀則などなど。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鬼平犯科帳 漫画:第99話『春雪』のみどころ鬼平犯科帳 漫画:第99話『春雪』のみどころ前のページ

ゴルゴ13:第390話『黒い記憶』のみどころ次のページゴルゴ13:第390話『黒い記憶』のみどころ

関連記事

  1. 【独自解説!】ゴルゴ13 全エピソード一覧(SPコミックス版)

    ゴルゴ13 全作品リスト

    【独自解説!】ゴルゴ13 全エピソード一覧(SPコミックス版)

    SPコミックス版『ゴルゴ13』の全エピソードのタイトルと簡単なあらすじ…

最新刊好評発売中!

ゴルゴ13(205)
created by Rinker
¥726 2022/07/05 21:11:05
鬼平犯科帳(59)
created by Rinker
¥693 2022/07/05 21:04:28

みんなが読んでる記事

  1. 【ゴルゴ13】ゴルゴのライバルすべて集めました
  2. 【ゴルゴ13】ゴルゴ流・世界経済入門。金融市場を貫く神業スナイプを一挙紹介!
  3. ゴルゴ13:脚本家別で作品を探してみよう!
  4. 【ゴルゴ13】名作・傑作を読み終えたらどうする?~ゴルゴの隠れた人気作を一挙ご紹介
  5. 【ゴルゴ13】ファンが選ぶ名作13話を完全再現③~【改訂版】リーダーズ・チョイス編
  6. 【ゴルゴ13】華麗なる女殺し屋たち~女性暗殺者のエピソードすべて集めました
  7. 【ゴルゴ13】女性読者が選んだ名作22話を完全再現!~GOLJO選出編
  8. 【ゴルゴ13】ゴルゴの子供たち大集合!~登場回と母親たちもご紹介
  9. 【ゴルゴ13】ゴルゴの絶体絶命エピソード集めました~ゴルゴ史上最大のピンチはどれ?

厳選!名作エピソードまとめ

  1. ゴルゴ13:戦中戦後ミステリ
  2. 【ゴルゴ13】ゴルゴの弱点・ギランバレー症候群~発症したエピソードすべて集めました。
  3. 【ゴルゴ13】研究家が選ぶ奇跡のスナイプ13話を完全再現!~ゴルゴ13研究家・杉森昌武氏編
  4. 【ゴルゴ13】ゴルゴのルーツ(出生の秘密)編すべて集めました
  5. 【ゴルゴ13】著名人が選ぶ名作13話を完全再現!~各界著名人セレクション編
  6. 【ゴルゴ13】ゴルゴのライバルすべて集めました~組織&チーム編
  7. 【ゴルゴ13】ゴルゴの失敗エピソード大集合~痛恨のミスファイア作品だけ集めました
  8. 【ゴルゴ13】1970年代の美女キャラ大集合!~美女が登場するエピソードだけを集めました
  1. 【ゴルゴ13】ファンが選ぶ名作13話を完全再現③~【改訂版】リーダーズ・チョイス編

    ゴルゴ13 名作エピソードまとめ

    【ゴルゴ13】ファンが選ぶ名作13話を完全再現③~【改訂版】リーダーズ・チョイス…
  2. 【ゴルゴ13】女性読者が選んだ名作22話を完全再現!~GOLJO選出編

    ゴルゴ13 名作エピソードまとめ

    【ゴルゴ13】女性読者が選んだ名作22話を完全再現!~GOLJO選出編
  3. 【ゴルゴ13】デイブ・マッカートニー登場話まとめ~ゴルゴ御用達ガンスミスのすべて

    ゴルゴ13 名作エピソードまとめ

    【ゴルゴ13】デイブ・マッカートニー登場エピソードまとめ~ゴルゴ御用達ガンスミス…
  4. 【ゴルゴ13】ゴルゴの絶体絶命エピソード集めました~ゴルゴ史上最大のピンチはどれ?

    ゴルゴ13 名作エピソードまとめ

    【ゴルゴ13】ゴルゴの絶体絶命&恩返しエピソード集めました~ゴルゴ史上最大のピン…
  5. ゴルゴ13 名作エピソードまとめ

    【ゴルゴ13】これを読まずに死ねるか!~デューク東郷・魅惑のベッドシーン大集合
PAGE TOP