ゴルゴ13:増刊第70話『ブーメランを持つ女』のみどころ

ゴルゴ13 各話みどころ

ゴルゴ13:増刊第70話『ブーメランを持つ女』のみどころ

簡単なあらすじ

SPコミックス第146巻収録。セスナで逃走中だったゴルゴは、追撃をうけて砂漠に不時着する。重傷を負い意識不明だったゴルゴを救ったのは、砂漠に一人暮らす女性・エミリーだった。看病しながらもゴルゴに体の関係を要求するエミリーは、回復して自分のもとを去ろうとするゴルゴに対し、狂気の本性を見せ始めるのだった……。

スポンサーリンク



ながい作品は名脇役の宝庫

本作を担当した脚本家・ながいみちのり氏は、短編の名手であると同時に名脇役メーカーでもある。『間違われた男』のトニー東郷、『神の手』のロペス、『最後の酒』のピーター、『未来予測射撃』のスミス、最近では『鳥を見た』のローズなど、「もう一度見たい!」と思わせる名脇役を挙げたらきりがない。

残念ながらこれらのキャラクターの再登場が叶ったことは一度もないが、ジャーナリストの深沢や新聞記者の梶本が5度も6度も再登場しているのを見ていると、もう少し“ながいキャラ”にもスポットを当ててくれたらなぁ…と思ってしまう。スタッフの皆様にはぜひ、“ながいキャラ”の再登場をご検討いただきたいところである。

さて、本作に登場するエミリーもそんな名脇役の一人だ。ゴルゴに関わったがために命を落とすのは、シリーズに登場する女性の多くが辿る運命だが、お決まりのパターンであるがゆえに読後に強く印象を残す女性は少ない。その点、エミリーがいまもって筆者の心に残っているのはなぜだろうか?

ゴル子
デューク様の生尻露出、跪いて足にキス、同じ女性を2度抱くetc…ファン必見の珍場面続出です!

エミリーは“狂女”たりえるのか?

ゴルゴを愛するあまり、常軌を逸した行動をとりはじめる狂女たちを描き、読者の度肝を抜いた『プレイバック』『13年蝉の夏』『銀翼の花嫁』。筆者の独断で選出した「狂女3部作」であるが、この3作品に本作を加えて「狂女4部作」としないのには二つの理由がある。

一つ目は、前出の3作品に登場する女性たちが自らの異常さを認識していないのに対して、エミリーはしっかりと自己分析ができていて、「自分は異端者である」と語っている点。二つ目は、ゴルゴがエミリーに対して少なからずシンパシーを抱いていた節がある点だ。作中でエミリーは「わかっていたんだ、私に、ありふれた普通の生活なんて出来やしないって事くらい…」と告白し、それでも人並みの生活を求めざるを得ない自身の葛藤を吐露する。

愛や友情、精神的な苦悩とその克服の描写を旨とする“ながい作品”のなかで、本作は異色作に分別されることが多いかもしれない。しかし、このように人間の苦しみや心の葛藤に焦点をあわせた作品として見てみると、従来の“ながい作品”における伝統を踏襲したヒューマン・ドラマであることがわかる。この点も前出の3部作とは異なる点だろう。

「お前のような人間」とは誰であったのか?

ラストでゴルゴがエミリーに投げかける「お前のような人間を…俺は、もう一人知っている…」の名セリフ。ネット上ではその人物が誰であったのか様々な考察がなされている。その中に「ゴルゴ本人を指しているのではないか」というものがあり、筆者はこれに同意見である。ゴルゴが「お前のような女」と言わず「お前のような人間」と発言したところに、そんな意図を感じるがどうだろうか。

もしゴルゴ本人だと仮定した場合、殺人者として生きるゴルゴにも「異端者は人並みの幸せを求めてはいけないのか?」と葛藤し、もがき苦しんだ時期があったことを示唆している。そしてこの発言はエミリーに対して、なんらかのシンパシーを抱いていた証左でもある。これが前出の「狂女3部作」との決定的な違いであり、「狂女4部作」としない最大の理由である。

また、このようなセンチメンタルな部分をゴルゴ本人が吐露する場面はゴルゴ13半世紀の歴史の中でも例がなく、まさに異例中の異例のレアシーンと言えるだろう。小難しい政治モノに疲れてきた読者にぜひとも読んでほしい傑作短編として本作をお勧めしておきたい。ちなみに筆者が挙げる本作でのベストシーンは、跪いてエミリーの足を舐め舐めする脚フェチ東郷の場面ですよん。

ルッチ
146巻には個人的に超おススメの作品『いにしえの法に拠りて』も収録。買って損はない1冊ですよ!


この作品が読める書籍はこちら

The following two tabs change content below.

町田 きのこ

副業ライター。本業はJDHA認定のアドバイザーで、ダイエット指導の達人という顔をもつ。好きな漫画は「ゴルゴ13」「鬼平犯科長」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルゴ13:第425話『龍への供物』のみどころゴルゴ13:第425話『龍への供物』のみどころ前のページ

ゴルゴ13:第598話『モルドバの咆哮(さけび)』のみどころ次のページゴルゴ13:第598話『モルドバの咆哮(さけび)』のみどころ

関連記事

  1. ゴルゴ13:第269話『熱砂の彼方に』のみどころ

    ゴルゴ13 各話みどころ

    ゴルゴ13:第269話『熱砂の彼方に』のみどころ

    簡単なあらすじSPコミックス第80巻収録。多国籍メジャーと犯罪…

  2. ゴルゴ13:第620話『ラスト・ラフ』のみどころ

    ゴルゴ13 各話みどころ

    ゴルゴ13:第620話『ラスト・ラフ』のみどころ

    簡単なあらすじSPコミックス未収録作品。別名“隣にいる暗殺者”…

  3. ゴルゴ13:第227話『シーザーの眼』のみどころ

    ゴルゴ13 各話みどころ

    ゴルゴ13:第221話『シーザーの眼』のみどころ

    簡単なあらすじSPコミックス第66巻収録。日本企業・シーザー電…

  4. ゴルゴ13:第375話『50年目の亡霊』のみどころ

    ゴルゴ13 各話みどころ

    ゴルゴ13:増刊第43話『50年目の亡霊』のみどころ

    簡単なあらすじSPコミックス第112巻収録。政界のフィクサーと…

  5. ゴルゴ13:第476話『アナライズ・ウクライナ』のみどころ

    ゴルゴ13 各話みどころ

    ゴルゴ13:第476話『アナライズ・ウクライナ』のみどころ

    簡単なあらすじSPコミックス第172巻収録。大統領派と首相派が…

  6. ゴルゴ13:第592話『楼蘭・さまよえる死神』のみどころ

    ゴルゴ13 各話みどころ

    ゴルゴ13:第497話『楼蘭・さまよえる死神』のみどころ

    簡単なあらすじSPコミックス第181巻収録。ウイグル人活動家の…

最新刊好評発売中!

ゴルゴ13(212)
created by Rinker
Gの遺伝子 少女ファネット(2)
created by Rinker

みんなが読んでる記事

  1. 【ゴルゴ13】華麗なる女殺し屋たち~女性暗殺者のエピソードすべて集めました
  2. 【ゴルゴ13】女性読者が選んだ名作22話を完全再現!~GOLJO選出編
  3. 【ゴルゴ13】ゴルゴの娘 ファネット・ゴベールを読むならコレ! 登場作品を完全コンプリート
  4. 【ゴルゴ13】デイブ・マッカートニー登場話まとめ~ゴルゴ御用達ガンスミスのすべて
  5. 【ゴルゴ13】ゴルゴのライバルすべて集めました
  6. ゴルゴ13:脚本家別で作品を探してみよう!
  7. 【ゴルゴ13】ゴルゴの絶体絶命エピソード集めました~ゴルゴ史上最大のピンチはどれ?
  8. 【ゴルゴ13】ゴルゴ流・世界経済入門。金融市場を貫く神業スナイプを一挙紹介!

厳選!名作エピソードまとめ

  1. 【ゴルゴ13】ゴルゴのルーツ(出生の秘密)編すべて集めました
  2. 【ゴルゴ13】ゴルゴの弱点・ギランバレー症候群~発症したエピソードすべて集めました。
  3. ゴルゴ13:戦中戦後ミステリ
  4. 【ゴルゴ13】研究家が選ぶ奇跡のスナイプ13話を完全再現!~ゴルゴ13研究家・杉森昌武氏編
  5. 【ゴルゴ13】ゴルゴの失敗エピソード大集合~痛恨のミスファイア作品だけ集めました
  6. 【ゴルゴ13】著名人が選ぶ名作13話を完全再現!~各界著名人セレクション編
  7. 【ゴルゴ13】1970年代の美女キャラ大集合!~美女が登場するエピソードだけを集めました
  8. 【ゴルゴ13】ゴルゴのライバルすべて集めました~組織&チーム編
  1. 【ゴルゴ13】ゴルゴの子供たち大集合!~登場回と母親たちもご紹介

    ゴルゴ13 名作エピソードまとめ

    【ゴルゴ13】ゴルゴの子供たち大集合!~登場回と母親たちもご紹介
  2. 【ゴルゴ13】ゴルゴのライバルすべて集めました

    ゴルゴ13 名作エピソードまとめ

    【ゴルゴ13】ゴルゴのライバル・強敵・難敵を総まとめ~タイマン勝負編
  3. ゴルゴ13 名作エピソードまとめ

    【ゴルゴ13】これを読まずに死ねるか!~デューク東郷・魅惑のベッドシーン大集合
  4. 【ゴルゴ13】名作・傑作を読み終えたらどうする?~ゴルゴの隠れた人気作を一挙ご紹介

    ゴルゴ13 名作エピソードまとめ

    【ゴルゴ13】名作・傑作を読み終えたらどうする?~ゴルゴ13の隠れた人気エピソー…
  5. 【ゴルゴ13】ゴルゴの娘 ファネット・ゴベールを読むならコレ! 登場作品を完全コンプリート

    ゴルゴ13 名作エピソードまとめ

    【ゴルゴ13】ゴルゴの娘 ファネット・ゴベールを読むならコレ! 登場作品を完全コ…
PAGE TOP